アップルファーム

  1. トップ
  2. アップルファーム

アップルファームの誕生

アップルファームイメージ

アップルファーム

デイリーフーズは、ただ工場で物を作って販売するというだけではなく、
会社全体が研究所のような存在の「開発企業」でありたいという志を持っています。
そのため、造り手とお客様の境界線を越えて意見を出し合える「場」が必要だと考え、
1986年、信州坂城町に「アップルファーム」が誕生しました。

お菓子の研究所

アップルファームイメージ
「アップルファーム」は、商品の販売や喫茶だけでなく、試作や研究、商品開発のためにつくられた“お菓子の研究室”。デイリーフーズの各種製品の展示販売とともに、さまざまなジャムやフルーツプレパレーションを素材に新しいお菓子のレシピづくりに挑戦しています!
インフォメーションショップである「アップルファーム」での経験を生かし、材料のひとつを作るのではなく味はもちろん、見た目の美しさや生産過程でのコストパフォーマンスも考えた上での商品づくりをしています。そこで生まれたアイディアがそのまま商品となって店頭に並ぶこともあります。

「アップルファーム」で最初に作ったものは、赤いリンゴの形をしたケーキ「ウイリアムテル」でした。表面につやを出す技術が難しく、それまでは寒天やゼラチンを刷毛で表面に塗っていましたが、見栄えや手間の点で満足のいく方法ではありませんでした。
そこで、ペクチンという柑橘類の果物の皮から抽出した成分を組み合わせ、赤色はラズベリーより抽出したものを開発。これにより非常に綺麗な艶と、作ったときに安定感を出すことができ、専用のスプレーマシーンで吹き付けることで、見た目も綺麗に仕上げることが可能になりました。この時生まれたコーティング用のジャムが、デイリーフーズの製菓材料「ナパージュ」です。その後も、熱に強いジャムや果肉感があるフルーツソースなど、デイリーフーズの商品ラインナップはその幅を広げています。

(下写真)赤色のナパージュでコーティングされ綺麗に彩られた「ウイリアムテル」
アップルファームイメージ

おいしい笑顔!

笑顔

「アップルファーム」ではいつも新しいスウィーツ、新しいおいしさを発信しています。
甘い香りが漂うティールームで、多彩なバリエーションのジャムやオリジナルスウィーツをお楽しみください。

オリジナルスイーツ

アップルファーム長野

アップルファーム長野

〒389-0696
長野県埴科郡坂城町上平1434 デイリーフーズ(株)長野工場内
TEL:(0268)82-8888(代表)
営業時間:平日9:00〜18:00(ラストオーダー17:00)
休日:日曜・祝日

アップルファーム東京

アップルファーム東京

〒101-0021
東京都千代田区外神田5-2-5 セントラルコアビル2階
TEL:(03)3832-2172
営業時間:月〜金:10:00〜18:00(ラストオーダー17:30)
休日:土曜・日曜・祝日
※アップルファーム東京では、生菓子は販売しておりません。